人魂占い / 心理学 / 学習心理学 / マジカルナンバー7

マジカルナンバー7 学習心理学

マジカルナンバー7 ピグマリオン効果 すっぱいブドウの理論
発達の最近接領域 記憶逓減理論 忘却曲線
自己ハンディキャップ 宣言効果 練習の階級説
暗黙の強化 カクテルパーティー効果 学習性無力感
安眠サイクル 初頭効果 作業興奮
心理学TOP 仕事心理学 恋愛心理学

マジカルナンバー7



 マジカルナンバー7とは一般的には7つ以下のまとまったものは覚えやすく、8つ以上になると覚えにくいという心理学用語です。

 これはアメリカの心理学者ジョージ・ミラーが人の短期記憶の容量が7±2であることを発見し、認知心理学の先駆けとなった。

 簡単に言うと人は一度だけ聞いたことを覚えておくにのは7個前後が限界だということです。

 例えば、数字なら電話番語や郵便番号のように7桁前後が限界になります。人物名なら7人前後なら一度に覚えられ、それ以上になると難しくなります。

 日本でも昔から八百屋や八百万の神など数え切れないほど多いものの例えで8という数字がよく使われます。

 教育などでマジカルナンバー7を使う場合は試験前に英単語や歴史上の人物名や数学の公式など7つを一気に暗記して試験と同時に余白に7つを書き込むなどするといいでしょう。
ロミオとジュリエット効果 << 学習心理学 >> ピグマリオン効果
Copyright(C) 2012〜 hitodamauranai.com All Rights Reserved.