人魂占い / 心理学 / 学習心理学 / 作業興奮

作業興奮 学習心理学

マジカルナンバー7 ピグマリオン効果 すっぱいブドウの理論
発達の最近接領域 記憶逓減理論 忘却曲線
自己ハンディキャップ 宣言効果 練習の階級説
暗黙の強化 カクテルパーティー効果 学習性無力感
安眠サイクル 初頭効果 作業興奮
心理学TOP 仕事心理学 恋愛心理学

作業興奮



 何かをする際にノリ気じゃなくても作業を始めてみるとだんだんと気分が盛り上がりやる気が出てくることをドイツの精神科医のエミール・クレペリンは作業興奮と呼びました。

 やる気に関係している脳の部位に側坐核というものがあり、側坐核は心でいくら強く思っても動き出してはくれず、側坐核が働くようにするには“とりあえずやる”ことです。

 とりやえずやることにより側坐核は刺激されやる気が出てくるのです。

 勉強でもやる気になっても体と頭が言うこと聞かずにダラダラと時間が経って行きまったく勉強が手につかないって場合など良くあることです。

 そんな時は、とりあえずやってみることです。

 教科書を開いて読んでみるなど少しのとっかかりをやってみるのです。

 そうすることによってやる気スイッチが入りだんだんとノッてくるのです。

 まずは、やってみることです。
初頭効果 << 学習心理学 >> 社会的手抜き
Copyright(C) 2012〜 hitodamauranai.com All Rights Reserved.