人魂占い / 心理学 / 学習心理学 / 練習の段階説

練習の階級説 学習心理学

マジカルナンバー7 ピグマリオン効果 すっぱいブドウの理論
発達の最近接領域 記憶逓減理論 忘却曲線
自己ハンディキャップ 宣言効果 練習の階級説
暗黙の強化 カクテルパーティー効果 学習性無力感
安眠サイクル 初頭効果 作業興奮
心理学TOP 仕事心理学 恋愛心理学

練習の階級説



 練習の階級説とは、練習の高原(プラトー)とも言われ、どんなに天才や達人と言われてる人物でも極めるまでには何の苦労もなくその技術を身につけたわけでは無く、必ず挫折やスランプがありそれを乗り越えて身につけたものだと言う説です。

 心理学者のブライアントハーターは1つの技術を習得するには、意識や才能とは無関係に、進歩が止まる「踊り場」があることを発見しました。

 これを、「練習の階級説」と呼び、技術は直線的に向上するのではなく、 ある段階に達すると「練習の高原(プラトー)」と呼ばれるいわゆるスランプに陥り、進歩が一時止まるのです。

 進歩の上達具合をグラフで表すと、ちょうどプラトー(高原)のようになっているため「練習の高原(プラトー)」と名付けられました。

 どんなに才能のある人でも避けられないスランプが必ずあり、それを乗り越えることができれば技術がまた進歩すると言うのがブライアントハーターの説です。

 スランプは誰にでも必ずあるものです。スランプに陥ったら次の為の充電期間だと思い周りのものも温かく見守ることも大切です。
宣言効果 << 学習心理学 >> 暗黙の強化
Copyright(C) 2012〜 hitodamauranai.com All Rights Reserved.