人魂占い / 心理学 / 恋愛心理学 / 類似性の要因

類似性の要因 恋愛心理学

恋愛のタイプ パーソナル・スペース 単純接触効果
つり橋効果 好意の返報性 釣り合い仮説
類似性の要因 社会的比較理論 ミラーリング
動作・行動への逃避 自己開示の返報性 学習処女理論
熟知性の原則 ロミオとジュリエット効果
教育心理学 仕事心理学 心理学TOP

類似性の要因



 人は自分と共通する趣味や趣向などをもつ人に惹かれるものです。

 アメリカの心理学者フェスティンガーたちは、大学の学生寮を使ってこの問題についての実験を行いました。

 被験者は、新たに入寮する男子学生17人。当然全員、初対面です。
 実験は入寮前に、あらかじめ全員に政治や宗教についての調査い 入寮してから6ヶ月間の調査を行いこの様な実験結果がでました。

 実験当初は、自分の部屋に近い人同士が仲良くなる傾向が見られ、
 次第に、考え方や生活態度の似ている者同士が仲良くなりグループを作っていきました。

 つまり、距離が近く、互いに接する機会が多ければ多いほど、早く仲良くなれますが、 次第に考え方や趣味があうもの同士が親密な友人関係を作っていくことがわかりました。

 これは、実験当初は「近接の要因」によって物理的に近い者同士が結びつき
 次第に「類似性の要因」により親密な人間関係を築いていったのです。

恋愛における類似性の要因



 上で書いた様に類似性の要因は友人関係だけではなく男女間の恋愛においても起こることが分かっています。

 カップルになる要因としては、近所に住んでいるもの同士や席の近い者同士がカップルになりやすいといった近接の要因や似たもの同士はカップルになりやすいという近接性の要因が関係しているのです。

 近接性の要因についてはアメリカの心理学者のボッサードがより詳しい実験を行いお互いの住んでいる所が近いほど結婚する可能性が高まり、遠いほど結婚の可能性が低くなるとの結果が出ました。

 アメリカでの実験で婚約中のカップル5000組を調査したところ33パーセントが半径5ブロック以内に住んでいて、お互いの住んでいる距離が離れているほど結婚に辿り着く確率は低かったということです。

 また、趣味や体格、性格などに差がありすぎるカップルはうまくいかず、共通点の多いカップルほど結婚しているという結果も出ています。

 意中の相手がいる場合はその人の趣味や興味あることにを積極的にやり共通点を作るのがいいでしょう。

 そして、会話をする機会があれば、相槌を打つ際に「あーいっしょいっしょ」などの同調する返事で同じ考えをしている。同じことが好きなんだ。と思わせる様に話すようにしましょう。

 同じ考え方や同じことに興味があると思わせることが出来れば類似性の要因により好感を持たれるようになるかもしれません。
つり橋効果 << 恋愛心理学 >> 社会的比較理論
Copyright(C) 2012〜 hitodamauranai.com All Rights Reserved.