人魂占い / 心理学 / 仕事心理学 / 社会的手抜き

社会的手抜き 仕事心理学

社会的手抜き フット・イン・ザ・ドア テンション・リダクション
光背効果 罰への欲求 間接強化
プラシーボ効果 レスポンデント学習 オペラント学習
スリーパー効果 イエス・バット話法 極端の回避性
コンコルド効果 アンカー効果 ミルグラム効果
心理学TOP 学習心理学 恋愛心理学

社会的手抜き



 社会的手抜きとは、人がグループなどの共同作業をする際に一人で作業するときと比べ努力する量を減らすというもので、意図的に手を抜く場合と無意識に手を抜く場合があると考えられている。

 ドイツの心理学者リンゲルマンのロープ引き実験で、被験者がひとりでロープを引っ張らせた場合と、グループで複数人で引っ張らせた場合とで、どれだけの力が加えられたかを計ったところ、グループの人数が多くなればなるほど、ひとりの人がロープを引く力が弱まることがわかりました。

 複数人で作業をする際は全員が全力を出さないことを考慮しておく必要があるというわけです。
作業興奮 << 仕事心理学 >> フット・イン・ザ・ドア
Copyright(C) 2012〜 hitodamauranai.com All Rights Reserved.