人魂占い / 心理学 / 仕事心理学 / イエス・バット話法

イエス・バット話法 仕事心理学

社会的手抜き フット・イン・ザ・ドア テンション・リダクション
光背効果 罰への欲求 間接強化
プラシーボ効果 レスポンデント学習 オペラント学習
スリーパー効果 イエス・バット話法 極端の回避性
コンコルド効果 アンカー効果 ミルグラム効果
心理学TOP 学習心理学 恋愛心理学

イエス・バット話法



 イエス・バット話法とは、営業や販売などで使われることが多い話術で、相手(お客様)に対して否定をする場合に質問に対して即答で否定してしまうと角が立ち相手を不愉快にさせてしまうことがあります。そこで使われるのがイエス・バット話法です。

 イエス・バット話法は相手を否定する際に、「ですね〜、でも・・・」「そうですね〜、ですが・・・」「ですよね、だけど・・・」など、まず相手の意見に同意してから否定するとやわらかく否定ができて相手を不愉快にさせずに次の営業トークに繋げることが出来るというものです。

 但し、全ての意見に使うと大失敗してしまうこともありますので相手の意見をしっかり聞いてしっかり否定する場合とイエス・バット話法で否定する場合とうまく使い分けて下さい。

 例えば、「貴方の会社って詐欺まがいな手口で騙して返品とか受け付けないようにしてるんですよね」との意見が出た際に「そうですよね〜、でも・・・」などとイエス・バット話法で返答したら、詐欺まがいな手口で商品を売る怪しい会社だと認めたことになり一気に信用を失います。

イエス・バット話法を使用する際は用法容量を守って正しくお使い下さい。
スリーパー効果 << 仕事心理学 >> 極端の回避性
Copyright(C) 2012〜 hitodamauranai.com All Rights Reserved.