人魂占い / 心理学 / 仕事心理学 / コンコルド効果

コンコルド効果 仕事心理学

社会的手抜き フット・イン・ザ・ドア テンション・リダクション
光背効果 罰への欲求 間接強化
プラシーボ効果 レスポンデント学習 オペラント学習
スリーパー効果 イエス・バット話法 極端の回避性
コンコルド効果 アンカー効果 ミルグラム効果
心理学TOP 学習心理学 恋愛心理学

コンコルド効果



 コンコルド効果とは、超音速旅客機コンコルドの商業的失敗を由来とする言葉で、コンコルドの誤り、コンコルド錯誤とも言われる心理現象の一つです。

 ある対象への金銭的・精神的・時間的な投資をしつづけることが大きな損失に繋がるとわかっていても、それまでの投資を惜しみ、投資をやめられない状態のことをいいます。

 これ以上続けていても利益があがらないお店をそれまでの投資した額や時間を惜しみお店を閉めることが出来ないことや大学入試で2浪や3浪していて、偏差値的に合格が困難だとわかっていても、これまでの勉強時間や精神的理由から志望校を下げることが出来なくなるといったことです。

 経済学ではサンクコスト効果と呼ばれている比較的誰もが経験したことのある心理現象です。

 コンコルド効果はわかっていてもなかなかやめられるものではない厄介な心理現象です。コンコルド効果にハマってしまうとどうにも出来ないぐらいの損をするまで自力では抜け出すことが困難です。

 執着心や未練など、後ろ髪引かれることなくスパッと割り切れるようになりたいものです。
極端の回避性 << 仕事心理学 >> アンカー効果
Copyright(C) 2012〜 hitodamauranai.com All Rights Reserved.